ワークショップ「ジョージアン・ダブリンの都市空間:建築史的視点から―」

12/25(月)に都市史学会主催ワークショップ「ジョージアン・ダブリンの都市空間:建築史的視点から」を開催いたします。詳細はこちらをご覧ください。概要は以下の通りです。

161108_poster

イベントタイトル
ジョージアン・ダブリンの都市空間:建築史的視点から
主催
都市史学会
後援
2013-2017年度科学研究費基盤研究(S)「わが国における都市史学の確立と展開にむけての基盤的研究」(研究代表者:伊藤毅)
基本情報
〔日時〕2017年12月25日(月)13:30-17:30

〔会場〕東京大学本郷キャンパス工学部1号館315会議室アクセスマップ

〔その他〕事前申込不要、会員以外も参加可能
タイムテーブル

13:30-14:00
〔発題〕ジョージアン・ダブリンをみる視角 (東京大学大学院工学系研究科建築学専攻伊藤研究室/伊藤毅・小南弘季・岩田会津・海老原利加・杉山結子)
14:00-15:45
〔報告1〕ジョージアン・ダブリンのマクロ的予備考察 (勝田俊輔/東京大学)
〔報告2〕富とチャリティと医療―ジョージアン・ダブリンの建築物と都市開発 (大石和欣/東京大学)
〔報告3〕ジョージアン建築の一起源―18世紀のエディンバラおよびダブリンにおける建築的取り組みに表れた社会的課題 (近藤存志/フェリス女学院大学)
15:45-16:35
〔コメント1〕ダブリンの風景を読む (桑島秀樹/広島大学)
〔コメント2〕ジョージアン都市の歴史を比較すると (近藤和彦/立正大学)
16:35-18:00
〔討論〕