Centre d'Étude des Bastides (2005)

学位論文

論文・梗概は伊藤研究室や建築学専攻図書室などで閲覧できます(一部を除く)。

博士論文/PhD Theses

伊藤研博士課程修了者および伊藤教授を主査とするもの。

  • 江下以知子『明治前期地方都市に関する地域史的研究-長野県飯田市を事例として-』2016年
  • アマロ・ベビオ『港市長崎におけるキリシタン施設に関する研究』2016年
  • 白鳥洋子『アンリ・ラブルーストに関する建築史的研究:パエストゥムの神殿の復元と論争に見られる分離構造の源流』2015年
  • 早坂由美子『ブルガリアの都市と交易に関する史的研究:19世紀ブルガリア正教徒商人を中心に』2014年
  • 辻泰岳『戦後日本の芸術運動と展示空間に関する研究:伝統・デザイン・環境』2014年
  • 岩本葉子『近代都市の町と土地所有に関する研究』2014年
  • 川本智史『前期オスマン朝の宮殿建築の展開に関する研究:儀礼空間の形成を中心に』2012年
  • 渡邊大志『近代東京港湾の都市史的研究-水と陸の境界の倉庫群の配布をめぐって-』2012年
  • 金澤雄記『近世から近代への農村民家の変容に関する研究-養蚕業下の飯田市域を事例として-』2012年
  • 李佶勲『近世江戸の代地に関する都市史的研究』2011年
  • 加藤悠希『近世・近代日本における過去の建築への関心とその知識』2011年
  • Joshua Robato Ting Roxas, Manila Plan of 1905: Sources and Influences that Made the City Beautiful by Daniel Burnham(1905年「マニラ計画」:ダニエル・バーハムによる都市美化計画), 2009.
  • 初田香成『戦後日本における都市再開発の形成と展開に関する史的研究』2008年
  • 豊川斎赫『丹下健三研究室の理論と実践に関する建築学的研究』2007年
  • 金銀眞『ソウルの近代都市史研究:特に鍾路を中心に』2007年
  • 禹成勲『高麗の都城開京に関する都市史的研究』2006年
  • 松山恵『近代移行期の江戸・東京に関する都市史的研究』2006年
  • 岩本馨『日本近世都市空間の関係論的研究』2006年
  • Julian David Worrall, Railway Urbanism: Commuter Rail and The Production of Public Space in Twentieth Century Tokyo(都市としての鉄道:20世紀東京の鉄道から生み出された公共空間), 2005.
  • Mohamed Ali Elwageeh Ehab, The Sense of Hierarchy and Unity in Islamic City: A Study of The Medieval Islamic Cairo(イスラム都市における階層と統一の観念), 2004.
  • Serigio Pirrone, Living The Living House(居住と住居), 2004.
  • 田中徳英『加賀藩の造営組織と大工の流派に関する研究』2001年
  • Garcia Emilio Montiel, Reconstructing Ginza(銀座復元), 2000.

修士論文題目/Master Theses

伊藤教授を指導教員とするもの。

  • 「島嶼海域論 ―近世後期伊豆諸島と新島―」 2015年度
  • 「多島海と捕鯨の領域史 —「益冨家文書」を通してみる近世鯨組と周辺島々の相関—」 2015年度
  • 「営業写真館発達史」 2015年度
  • 「アイルランド西部小村の空間史―アラン諸島におけるタウンランドを通して―」 2014年度
  • 「湊の開発史-幕末~明治時代初頭における湾内の変遷と神奈川・横浜地帯の形成-」 2013年度
  • 「鉄道による近代鎌倉の都市形成」 2013年度
  • 「東京におけるターミナルデパートの誕生」 2013年度
  • 「水の領域史-玉川上水と分水の盛衰-」 2012年度
  • 「構成という概念-昭和期に活躍した4人の建築家における構成という概念に関する研究-」 2012年度
  • 「建築家アルド・ロッシの「都市」概念について-『都市の建築』の背景と論理構造を中心に-」 2012年度
  • 「The overview of the characteristics values of architecture of Phu De in Hue under the feudal times」 2012年度
  • 「明治期対地震史序論」 2012年度
  • 「都市長崎の成立に対する日本と西欧の貢献」 2012年度
  • 「橋梁の近代—明治前期東京の自費架橋と都市空間—」 2011年度
  • 「20世紀イタリアの歴史的環境論—建築家サヴェリオ・ムラトーリを中心に—」 2011年度
  • 「近代東京墓論—墓地の私性と共同性—」 2011年度
  • 「隔離と同化 ゲットーの壁とはなんであったのか」 2011年度
  • 「Post-metabolism and the Beginning of an Era of Instability: The place of the Residential Architecture of Kazuo Shinohara and Mayumi Miyawaki in the decades of 1970’s and 1980’s」 2010年度
  • 「相隣と都市—パリにおける共有境界壁の実態と軌跡—」 2010年度
  • 「明治期における板ガラスの建築への浸透」 2010年度
  • 「近代の商店と建築家 1907-1935」 2010年度
  • 「近代陶業人の園 —大倉和親の工場、邸宅、住宅地開発―」 2010年度
  • 「銀行建築を通じてみる横浜」 2009年度
  • 「ウジェーヌ・エナールにおける近代パリの都市空間—19世紀から「ユルバニスム」の成立まで」 2009年度
  • 「拉氏被学 Ⅰ 戦前建築界におけるジョン・ラスキン受容史通史」 2009年度
  • 「大正期大阪におけるビルディングに関する研究」 2009年度
  • 「建築批評を成立せしめたもの—明治から大正、建築批評に通ずる建築/美術の言説研究—」 2009年度
  • 「フエの都市化過程における住宅の変遷」 2008年度
  • 「東京の都市断面」 2008年度
  • 「都市美の観念—20世紀初頭・日本における都市の美観に関する言説の研究—」 2008年度
  • 「ベトナム・フエの都市建築史的研究-都市空間における混沌と生きられた秩序-」 2007年度
  • 「塀と都市」 2007年度
  • 「戦時・戦後復興期における東京の土地所有形態ー旧東京市本郷区を対象としてー」 2007年度
  • 「近代東京広場試論」 2006年度
  • 「横浜外国人街居留地の社交」 2006年度
  • 「私道論」 2006年度
  • 「近代東京の街路計画とその変遷 大正の「街路網計画」を中心に」 2006年度
  • 「江戸会所地の変容過程について」 2006年度
  • 「覇権の鏡像 パナマシティにみる都市発展の時間的・空間的断絶性」 2005年度
  • 「租界時期の妓院における上海里弄建築に関する研究」 2005年度
  • 「国際観光地の成立過程にみる日本の近代」 2004年度
  • 「戦前東京の大規模土地所有者に関する研究」 2004年度
  • 「長野県飯田市における橋梁工事にみる近代化の諸側面」 2004年度
  • 「近代東京の都市景観と境界領域」 2004年度
  • 「Plazas in Manila : A spanish origin in Transformation マニラの広場 スペイン源流広場の変容過程」 2004年度
  • 「浅草寺境内の様相と展開 近世中後期における境内見世を通して」 2003年度
  • 「F. キースラーにおける身体性に関する研究」 2002年度
  • 「戦前期東京の土地所有に関する研究」 2002年度
  • 「屋外広告比較史論 「煕代勝覧」を出発点として」 2002年度
  • 「明治期東京の外国人居住に関する研究 築地居留地と居住地外居住」 2002年度
  • 「ハバナの郊外化にみる植民都市の近代化について コロニアルシティからリトルハバナまで」 2001年度
  • 「徳川御三家及びその城下町に関する都市史的研究」 2001年度
  • 「ハバナの位相ーハバナビエハの変容にみる植民都市の重層性ー」 2000年度
  • 「建築環境クロニクル 衛生-優生-共生の変遷史」 1999年度
  • 「断面東京 大衆・イデオロギー・領域・ユートピア」 1999年度
  • 「江戸の町割に関する都市史的研究—本所・深川を対象として—」 1998年度
  • 「サンフランシスコにおけるブロックと住居との関係に関する研究」 1998年度
  • 「浅草公園の研究-浅草寺領の近代化過程-」 1997年度

卒業論文題目/Bachelor Theses

伊藤教授を指導教員とするもの。

  • 「新・商店街論 横浜市都筑区の新旧商店街の存在形態」 2015年度
  • 「江島論」 2015年度
  • 「巨大教育都市―江戸・東京 寺子屋・私塾の分布による都市分析」 2015年度
  • 「戦後日本のユートピア―図式化による考察―」 2014年度
  • 「都市の1980年代」 2014年度
  • 「定位と生成――シチュアシオニストの都市とその地図」 2014年度
  • 「東京創建神社群の考察による近代都市形成過程の研究」 2013年度
  • 「復興論-関東大震災と原爆被害のケーススタディを通して-」 2013年度
  • 「60年代アメリカのユートピア」 2013年度
  • 「明治 東京の虚像」 2012年度
  • 「東向島地区における空地性」 2012年度
  • 「側面論」 2012年度
  • 「建築フィールドワーク興隆史 – 伊藤ていじ/吉阪隆正、二人の建築家像を通して -」 2011年度
  • 「都心論」 2011年度
  • 「東京多叉路」 2011年度
  • 「都市における場の創出 -東大紛争を通じて-」 2010年度
  • 「荒れ地都市論」 2010年度
  • 「都有地の東京論」 2010年度
  • 「埋立地のイデア—千葉県東京湾岸地域における都市開発史を通して」 2009年度
  • 「コリアンタウンの3類型」 2009年度
  • 「私性と時代—澁澤龍彦 1960–1970年代の転轍」 2009年度
  • 「国道一号論」 2008年度
  • 「電化都市論 「不可視」の都市インフラ」 2008年度
  • 「都市の模像 絵の中の浅草を通じて」 2008年度
  • 「都市の地下空間論—新宿西口を中心に—」 2007年度
  • 「雑居ビル都市論 混沌都市の深層風景」 2007年度
  • 「大正建築言説論—青年期の正・反・合、その先へ—」 2007年度
  • 「埋立論 東京湾、その臨海の系譜」 2006年度
  • 「デパート論 インフラとしての」 2006年度
  • 「集住慣習論 全国民事慣例類集から読み解く町」 2006年度
  • 「東京タワー論 巨大建築と都市」 2005年度
  • 「江戸・東京と水系 “線”としての河川と都市形成」 2005年度
  • 「都市の足跡 バスティード住宅に刻まれた時間と空間の軌跡」 2005年度
  • 「場所としての庭園 小石川後楽園の空間的変容とその背景」 2004年度
  • 「死者の都市 墓地からみた江戸・東京の変容」 2004年度
  • 「郊外公園の肖像 井之頭公園にみる東京の近代化」 2004年度
  • 「映画館都市・東京」 2003年度
  • 「せめぎあいの都市 中世新都市バスティードにおける類型学的研究」 2003年度
  • 「熱海衰亡史 過去の観光開発に関する一考察」 2003年度
  • 「日本の田園都市松濤 土地台帳分析によるその開発過程」 2003年度
  • 「屠場・都市・東京」 2002年度
  • 「都市更新の問題性を巡って」 2002年度
  • 「都市と階段 階段から見た戦後の東京の都市空間」 2001年度
  • 「清潔都市・東京」 2001年度
  • 「集積都市から拡散都市へ」 2001年度
  • 「近代的都市の論理 川崎地域工業都市形成に見る」 2000年度
  • 「町触からみる近世都市・江戸」 2000年度
  • 「都市とオリンピック」 2000年度
  • 「巡礼から見る秩父と江戸」 1999年度
  • 「西郊の地層—東京の郊外に関する歴史的研究—」 1999年度
  • 「時計仕掛けの建築 「錯乱のニューヨーク」から派生する問題系とその創作への接点」 1999年度
  • 「「歴史都市」としての多摩ニュータウン—東京の近・現代化過程における多摩ニュータウンの変容—」 1998年度
  • 「都市と「駅領域」—「支点」としての渋谷駅—」 1998年度
  • 「東京と<水> —河川・運河の埋立てからよむ—」 1998年度
  • 「「公園」の成立 —「博物館・博覧会」との関係を中心に—」 1997年度
  • 「「東京」とグリッド」 1997年度
  • 「地形形成と「異物」の存在 —羽田と羽田空港—」 1997年度
  • 「建築のライフサイクル —丸の内の変遷を基に—」 1997年度
  • 「近代港湾都市の形成に関する研究—横浜と神戸の都市空間の比較を通して—」 1996年度
  • 「盛り場の空間構造—新宿駅東口を例として—」 1996年度
  • 「東京築港に関する都市史的研究—周辺=品川から見た東京計画—」 1996年度
  • 「都市の「領域」に関する都市史的研究—東神田を事例として—」 1996年度
  • 「地方都市の近代医院建設—山形県長井市旧桑嶋眼科医院の建築工事を通して—」 1995年度
  • 「汐入の形成過程と長屋」 1995年度
  • 「都市再開発の問題—白髭西地区再開発事業計画の変遷をたどって—」 1995年度
  • 「関東と京の町家比較論—「内向・外向生活領域」を分析概念として—」 1995年度